フェイスブックのプロフィール画像レインボー(虹色)の意味は何?

フェイスブックのプロフィール画像がレインボー(虹色)になっていて疑問を感じる人が多いのではないでしょうか?このレインボー(虹色)のプロフィール画像はただのデザイン変更機能なんかではなく、ちゃんとした意味があります。

SNSの中でも今や知らない人がいないフェイスブック。いいね!機能が功を奏し、瞬く間に多くの人へ広まって行きましたが、今回のレインボー(虹色)機能は何なのか?フェイスブックが意図することは?

最近、徐々に増え続けているフェイスブックのレインボー(虹色)なプロフィール画像の謎に迫ります。

Sponsored Link

 

フェイスブックのプロフィール画像にレインボー(虹色)現る!

フェイスブック プロフィール画像 レインボー 虹色

 

常日頃から隙間時間にフェイスブックをチェックする人はとても多いですよね。フェイスブックの友達が多い人は自分の友達のプロフィール画像がレインボー(虹色)になっているのを見たという確率が高いのではないでしょうか。

最初、私はその人がその人の意図でプロフィール画像にお洒落な感じでレインボー(虹色)柄を透かしているのかと思いました。

しかし、おやおや。レインボー(虹色)になっている人が何人もいるではありませんか!これは個人的なものではなく、何か隠された意味があることはすぐにピンと来ました。

本人に直接、聞くのもなんだか忍びないのでその謎に迫ることにしました。

 

LGBTに賛同する人がレインボー(虹色)を使っていた!

LGBT フェイスブック プロフィール画像 レインボー

まさにレインボー柄の旗を振る人たち。この人たちはLGBTの方々です。

 

  6月26日(2015年)、アメリカ連邦最高裁判所は全米50州で同性愛者の結婚を合憲とする判決をだした。同性婚に賛成の立場を取るオバマ政権は、ホワイトハウスを同性愛の象徴であるレインボーカラーにライトアップさせて、お祝いムードを演出した。

引用:j-cast.com

 

フェイスブックのプロフィール画像のレインボー(虹色)はLGBTに賛同するという意思表示とお祝いの意味があったようです。

 

LGBTを知らない方のために説明するとそれぞれある単語の頭文字から取っています。

 

【LGBT】

L:レズビアン(女性同性愛者)

G:ゲイ(男性同性愛者)

B:バイセクシャル(両性愛者)

T:トランスジェンダー(性同一性障害者)

 

 

LGBTの人たちにおける社会運動を象徴する旗をレインボーフラッグと呼び1970年台から使用されているそうです。お互いの性別に関係なく愛しあうことや結婚することを認めるよう社会に呼びかけた運動ですね。

Sponsored Link

 

フェイスブックは以前からLGBTの支援をしていた模様

企業として社会的な平等や自由獲得のための支援を素早く行ったフェイスブックはさすがだなと思います。フェイスブック以外にもツイッターやインスタグラム等でも同様のサービスが実施された模様。

実はフェイスブックには以前からこのような動きがあったようです。2014年の記事を紹介します。

 

★facebookが性別欄の選択肢を大量に追加 「男/女」以外も設定可能に
2月13日から、アメリカ版facebookの性別欄に「男/女」以外の選択肢が50種類以上も追加されています。内訳はたとえば「FtM」「MtF」「トランスジェンダーの人間(Trans person)」などだそうで、公開する範囲はプライバシー設定で選べるとのことです。

引用:http://www.2chopo.com/

 

まさかフェイスブックのプロフィール画像をレインボー(虹色)にすることにこんなに深い意味があったとは驚きです。この事実を知ってか知らずか多くの人がレインボー(虹色)設定していますよね。ただ、あまり知られていない情報なのでどれだけの人がLGBTに賛同しての行動なのかは疑問が残ります。

フェイスブックはLGBTを応援する気持ちを表現できるようにしただけのようですが、こういった社会運動に賛同する人のデータや行動を追跡しているのでは?という噂もあるようです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ