無性に辛いものが食べたくなる原因!ストレスと病気の関係と治し方

なぜか急に無性に辛いものが食べたくなることはないでしょうか?世の中、辛いもの好きな人が多いのは事実ですが、その原因が気になりますよね。

そこには影に潜むストレスが関係しているのではないか?と心配する方もいるでしょう。また、辛いものは刺激物なので食べ過ぎることによって病気になったりと体への悪影響がないかが気になるところです。

そういった場合は辛いものを抑えられるようにどうやって対応していけばいいのでしょうか。最後に治し方まで見ていきましょう。

Sponsored Link

 

無性に辛いものが食べたくなる原因は?

辛い

普段そうでもないのになぜか急に無性に辛いものが食べたくなることってありますよね。当然、辛いものが好きな人ほどなりやすいのですが、その原因はどこにあるのでしょうか。

辛さとは実は味覚ではなく、カプサイシンという辛味成分による痛みなんです。人間、誰しも本来、痛いのが好きって人はあまりいませんよね。

根っからのMで痛いのが好きって人は別ですが、、、(笑)

この痛さが癖になるのですが、実は舌がこの痛覚を感じ取った時に脳内物質が分泌されるようになっています。

それが興奮物質であるアドレナリンとそれを抑えて幸福感を与えてくれるエンドルフィンです。名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?

普段あまり興奮したり、それを抑えて幸福感を味わうことって少ないですよね。この脳内物質が無意識に欲しくなり、突如として辛いものが食べたくなるのが原因の一つだと考えられます。

また、辛いもの食べると汗をいっぱいかくので純粋にそれが気持ちが良かったり、スッキリするのも辛いものが欲しくなる理由になりえます。

Sponsored Link

 

辛いものが食べたくなるのはストレスのせい?

辛い

辛いものを食べると書いたとおり、脳内物質が分泌されます。これは一時的に感覚を麻痺するような効果があるため、ストレスを軽減してくれることい一役買うことにもなり得るでしょう。

よって辛いものを食べた時の感覚を心と体が覚えていて、その状態に脳内を持っていくことで感じているストレスをなくしてしまおう!としているかもしれません。

しかし、それは一時的なものであって脳内物質は出続ける訳ではありません。また、体が辛さにも慣れてきて脳内物質の量も出にくくなるためどんどん辛いものを食べないといられないという人は注意が必要です。

辛いものを食べすぎると当然、胃腸にダメージを与えることになります。舌や唇は痛みに耐えられますが、胃腸は粘膜で守られているデリケートな部分なのであまり刺激物ばかり入ってくると何かしらの異常を来たすのは言うまでもありません。

 

辛いものを食べて病気になることはある?

辛い

辛いものを食べすぎると味覚が鈍感になっていくことが挙げられます。刺激物は脳内だけでなく、舌の感覚も麻痺させるため、味がよくわからなくなって来ます。

そうなるとどんどん味の濃いものを食べることに繋がり、食塩などを取りすぎてしまったりします。味の濃いものというのは自然なものから遠ざかるため、体に悪いですよね。

そうなると生活習慣病を引き起こすリスクが高まると言えます。また、食道炎や胃炎など辛い刺激物が影響し炎症を起こしてしまう可能性もあります。

Sponsored Link

 

辛いものが食べたくなる治し方

スクリーンショット 2017-11-11 2.24.57

あまりに辛いものを欲してしまうため、治したいと考える方いますよね。ストレスが原因の一つでもあるため、日頃から規則正しい生活を送ったり、運動をするのも効果的です。

また、辛さのレベルをあげないようにすることで際限なく辛いものを求めてしまうことを抑えられるでしょう。

程よい辛さのものを食べることに大きな問題はないですし、むしろ体によかったりするのですが必要以上に辛いものを食べ続けると必ずしっぺ返しが来ます。

辛い唐辛子などは本来、虫でさえよりつかないのですから人間がそれを欲するのは趣味趣向の領域だと言えますよね。

どうしても食べたい時は事前に牛乳を飲んでおくと胃腸の粘膜を守ってくれるのでおすすめです。

また、辛いものが食べたくなった時は食べる回数をあらかじめ決めておくのいいでしょう。例えば週に1回とか、月に2回とか決めておくことで自分を自制しましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ