無性に甘いものが食べたくなる原因!ストレスや病気の関係と治し方

生活していると訳もわからず無性に甘いものが食べたくなる時ってありますよね。一度、衝動的にスイッチが入るとなんだか落ち着かなくなってやたらと、甘い食べ物のことだけを考えてしまいます。

自分が自然に食べたくなるというより、何かがきっかけで急に欲するようなこの感覚が来てしまうと甘いものを我慢することができないため、病的な感じさえ受けます。

健康のことを考えても、甘いものが食べたくなる原因をしっかりと把握した上で対処していきたいものです。

甘いものが食べたくなる背景には、甘いものへの依存関係が隠れています。また、ストレスや病気が引き金となることもあるのでその真相について解説したいと思います。

Sponsored Link

 

無性に甘いものが食べたくなる原因は?

甘いもの 食べたくなる

無性に甘いものが食べたくなって我慢できない時、何も考えずに甘いものをコンビニなんかで買い漁り、欲望の赴くままにむさぼってしまうものです。

甘いものを食べてる時ってなんだか幸せな気持ちが心を落ち着かせて、食べ終わった頃には満足感で満たされます。

しかし、こういった状況が頻繁に続いていたり、食べたのにすぐに甘いものを欲してしまう場合は注意が必要です。

人が何か食べ物を欲する時は理由があります。赤ちゃんを妊娠した妊婦さんが特定の食べ物を無性に食べたくなるのは有名な話です。

今、欲している栄養素が体に不足していたりと何かしら原因があります。

無性に甘いものが食べたくなる原因は、砂糖への依存症が原因かもしれません。

 

砂糖が脳内物質を分泌させる

甘いもの 食べたくなる 治し方

砂糖には脳内物質であるドーパミンとセロトニンを放出させる働きがあります。

甘いものを食べた時に幸福感や満足感を得られるのは、興奮を刺激するドーパミンと精神安定するセロトニンが、どちらも分泌されるからなんです。

また、睡眠不足やストレスが原因で甘いものに依存してしまうのもよくあるパターン。イライラしている時に人間は刺激と安定どちらも求めてしまうもの。

それを同時に解消してくれる甘いものに走ってしまうという訳ですね。

日常には、知らず知らずの内に多くの砂糖が紛れ込んでいてるので注意しなければ、いつの間にか砂糖中毒になっているかもしれません。

特にジュース類はびっくりする位、大量の砂糖が入っているので、いつもジュースばかり飲んでいる人は注意が必要です。

Sponsored Link

 

甘いものとストレスや病気の関係は?

現代人は常にストレスにさらされやすい環境で生活しています。そのストレスを健全なスポーツや趣味でうまく発散できればいいのですが、甘いものに走ってしまう人も多いのではないでしょうか。

甘いものを食べることによって血糖値は急上昇し、急下降していくという流れになるんですが、この急上昇と急下降は更にイライラを増してしまうんです。

それが原因で更に甘いものを食べるという悪循環に陥ると、目も当てられません。毎日毎日、甘いものを食べないと気がすまなくなり、習慣化されることで依存症になっていきます。

そうなると今度は、病気がここぞとばかりに顔を現してきます。甘いものはほとんどが砂糖ですが、砂糖の過剰摂取は生活習慣病を招きます。

自覚症状がないまま体がむしばまれていくので、気付いた時には取り返しのつかないことになるケースも増えています。

ストレスが原因で甘いものを食べ、甘いものを食べないとストレスが増し、その結果として心も体も病気になってしまう可能性が十分にあります。

 

甘いもの依存からの克服!【食習慣編】

甘いもの フルーツ

甘いものを食べ過ぎないためには、普段から砂糖を取り過ぎないこと、ストレスをうまく発散することを心がけましょう。

上でも書きましたが、ジュースは特に砂糖が多いのでなるべくカロリー0の飲料や水を飲むようにするといいですね。

また、お菓子を間食で食べる場合は、なるべく砂糖の入っていないお菓子を選びましょう。

どうしても甘いものが食べたくなった時は果物を食べるのがオススメです。健康や美容にもいいし、加工食品と違って食べ過ぎるということがありません。

スナック菓子やアイスはいくらでも食べれますが、果物の場合は、ある程度、食べたらそれ以上、食べたいと思わなくなります。これは自然食品が持つ強みですね。

 

甘いもの依存からの克服!【生活習慣編】

ストレッチ

健康的な生活を送っていれば、心も体も自然な状態に整っていくため、まずは規則正しい生活を心がけましょう。

実は睡眠不足はそれだけでストレスに繋がると言われています。自分では大丈夫だと思っても、知らぬ間に負担をかけることにならないよう、しっかり睡眠時間を確保しましょう。

また、適度な運動はストレス発散だけでなく、夜に眠りにつきやすくなるだけでなく、深い眠りを手に入れることができます。

何かスポーツをしてみたり、難しい場合はストレッチをするだけでも効果がありますよ。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ